人気ブログランキング |

占いの使い方 その①  NO.536

今夜は新月。
ここであらためて「占いの使い方」を書いてみたいと思います。

「占い」との出会い方は様々だと思います。
多くの方はテレビや雑誌の占いコーナー、毎日の新聞にのっている今日の占いが最初という方が多いでしょうね。
昔からずっとありますよね。どんなところにも小さくコーナーがあったりします。


占いがちょっと怪しいといわれながらも文明が発達したこの時代になぜなくならないのか・・・。
それは占いはやっぱりあった方がいいと多くの人が求めているということなんですよね。


もともと占いは農作物の豊作を祈ることから始まったのだと思います。
天候は自分の努力では、どうすることもできませんから。

きっとこんなやり取りがあったのでしょう・・・。
農民「今年は豊作でしょうか?」
占い師「ん~今年は雨不足になりそうだ・・・」
農民「がっくり」

で、終わるのではなくこの後があったと思うのです。

農民はこの占いを聞いて、きっと行動を起こしたはず!!177.png

雨が降らないならば、いつも以上に「雨ごいの儀式」をいっぱいやろう。
雨の神様にお参りしよう。
水をためる池を作ろう。
乾期に強い作物を作ろう~166.png174.png


占いで備えるパターンの使い方ですね。

占いを聞いて「がっくり」と終わった農民もいたでしょう。
でもそうではなくて、雨不足→ならば、次の作戦をと考えた農民はきっと元気に暮らしたことでしょう。

前向きな農民は占い師に聞いたことでしょう。
雨を降らせるにはどうしたらいいか、効果的な「雨ごいの儀式」の方法を。
そして占い師が答えました。
「今月の10日に南の方向へ行き祈りなさい」と。


まぁ~完全にワタクシの妄想なのですが・・・112.png
要するに私は占いを使って「雨ごいの方法」、作戦をお伝えできる占い師でいたいということと、占いを聞いてくださる貴方様には「前向きな農民」、占いを使って次の行動をして、元気に楽しくお過ごしいただきたいのです。


貴方様を農民にしちゃってごめんなさい。
占い師はえらい人ではありません。

お仕事関係のお話で占いをさせていただく場合は特に、私にお仕事内容をいっぱい教えていただいて、占いを使ってお客様と一緒に作戦を考えていくことになります。
共同作業なのです。

なので、補足します。
私は占いを使って貴方様がお幸せになられるよう、貴方様と一緒に作戦を考えていく占い師でいたい・・・です。
どうか、ご一緒でお願い致します162.png


ゴールデンウイークは5月2日以降の後半に空き時間がございます。
貴方様のシアワセ占い。
ご予約お待ちしております110.png



emoticon-0155-flower.gifSARYのシアワセ占いホームページ※emoticon-0155-flower.gif

http://www.uranaisary.jp



ゴールデンウイーク先取り。
イチゴ狩り。最近は苗が高い位置にあって歩きながら立ったまま、イチゴをもいで行けます。
土にも全く触れないから、楽ちん便利~111.png172.png

c0102513_00390515.jpg

イチゴの花は真っ白なんですね~178.png

c0102513_00391161.jpg
今夜は新月。
ご一緒に未来を願いましょう。





近所のボスは毎日ゴールデンウイーク。


c0102513_08581505.jpg

ボスは私がどれだけ近づいても、ビクともしません。目も開けません。
さすが、肝が座っております!



173.png

by uranai-sary | 2017-04-26 00:00 | 占い